都会に合っている埋葬方法

大切な家族や親戚が眠る場所を決めるのは大事な事です。故人の安らぎ以上に、残された家族の想いを守る意味でも埋葬というのはよく考えて行う事が望ましいと言えるでしょう。最近は東京などの大都会を中心に、納骨堂を使った埋葬方法が一般的となりつつあります。従来の墓石埋葬と違って、特定施設にて集団かつ少スペースで埋葬を行うのが納骨堂とう埋葬方法なのです。基本はコインロッカー式のようにかなりシステム的な埋葬方法となっており、賛否分かれるものの、東京のように土地が狭い地域では非常にポピュラーな埋葬スタイルとなっているのです。インターネットで検索する事で、いくつか東京にある納骨堂を探し出す事が可能です。どれもが駅から近い場所に建てられており、交通アクセスにおいて利便性の高い立地となのです。郊外型の墓石埋葬と違って公共交通機関でスムーズに訪れる事ができるので、参拝などがとてもやりやすい事も納骨堂のメリットであると言えるでしょう。東京は特に鉄道が発達している地域ですから、ちょっとした時にお墓参りのしやすい納骨堂は都会人のニーズに合った埋葬施設だと言えるでしょう。その他納骨堂ならではのメリット・デメリットがありますので、東京近郊などで埋葬方法として検討しているのであれば、インターネット情報収集や関係者のアドバイスを色々と聞いておくのが無難です。経済的事情や立地などを考えたうえで、最終的には家族全員の心が一番納得できる形で選んでいく事をオススメしておきます。

狙いの施設を事前調査

まずは納骨堂がどういったところなのかを下調べしておきましょう。資料請求をして施設情報を吟味した後、実際に納骨堂へと見学に足を運んでみましょう。焦らずゆっくり決めて下さい。

この記事の続きを読む

埋葬プランをどうするか

一般的な屋外型の墓石埋葬方式よりは費用を抑えられるのが納骨堂方式です。とはいえプラン内容を充実させる事で高額にはなりますので、どこまで充実させるかを考えてからプラン選びをしていきましょう。

この記事の続きを読む

墓の管理を代行してくれる

維持管理料金を支払えばお墓の手入れを継続的にやってくれるのも納骨堂の大きなメリットです。忙しい日常を送っている一般家族の負担を減らしてくれますので、こういった制度にも注目しておくと良いでしょう。

この記事の続きを読む
喪服を着ている男性